• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

広がるごみの問題

皆さんは、中国ショックという言葉を聞いたことがありますか? ニュースや新聞などでも取り上げられたことがあるこの言葉は、ペットボトルのリサイクル問題に大きな影響を与えました。 ペットボトルのリサイクル問題について語る上で外すことができない中国ショックについてこのページで解説していきます。 Read More

日本がピンチ?中国ショックとは

私たちの便利な生活で切っても切れないごみ。
ものがたくさん生産され、同時にたくさん捨てられる世の中になりました。
ひと昔前までは、使えなくなるまで繰り返し使っていたようなものでも、今では使い捨てになりがちです。

日本は、島国であるためごみを捨てる場所が常に問題になっていました。
現在の堆積場も、そう遠くない未来に一いっぱいになってしまい、何万トンかそれ以上のごみが行き場を失うと言われています。
先のことだからと先延ばしにしていると、いずれ私たちの生活がごみで脅かされてしまう可能性があります。
こういったことは、海外の先進国でも起こっており、国際的な大きな問題となっているのです。

プラスチックごみによって、海が汚されているという事実をご存知でしょうか。
たくさんのプラスチックのストローやペットボトル、その他のプラスチックや破片が、大量に海に流されているのです。
小さな破片を誤って飲み込んだことによって死亡したとみられる海洋生物もいます。
そういった破片を飲み込んだ魚を食べれば、人間の体にもなにか異常が起きてもおかしくありません。

こういった問題は、決して遠くの国の出来事ではないのです。
何気なく使っているペットボトルなどのプラスチックごみが、今大きな国際問題へと発展しています。
他人事だと思わず、私たちもこの問題についてしっかり考えていく必要があるのです。
このサイトでは、ペットボトルのゴミ問題を主に、現在私たちが直面しているごみ問題についてご紹介していきます。

リサイクルが進まない

リサイクルという言葉は、誰もが一度は聞いたことがあるかと思います。 しかし、実際どれくらい進んでいるのか、またどのようなものに生まれ変わっているのか知らないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。 このページでは、簡単にはできないリサイクルの現状や問題点について詳しくご紹介していきます。 Read More

どう解決する?世界の取り組みは?

深刻になっていくペットボトルのごみ問題ですが、世界ではどんな取り組みを行ってるのでしょうか。 その取り組みの中から、私たちがすべきこと、できることのヒントが得られるかもしれません。 このページでは、ペットボトルをはじめとするプラスチックごみに対する世界の取組みをご紹介していきます。 Read More